林業や農業に被害を与え、各地で地域のやっかいものとして扱われているシカやイノシシ。本州では、捕獲されているシカの90%以上が、ゴミや産業廃棄物として捨てられています。 野生復帰計画では、そうした野生動物が地域の資産として生まれ変わるためのお手伝いをしています。解体施設の設置やコンサルティングに加えて、加工や販売に取り組む人材育成をサポートし、地域資源利活用の新しいモデルを提案していきます。


  簡易獣肉解体施設 設置サービス



  サービスの特徴
 

① 地域にあわせたカスタマイズ
専門の調査員および獣肉販売のプロフェッショナルが現地に伺い、その地域で捕獲される獣の個体や現地状況について、関係各者のヒアリングを含めた現地調査を行います。現地の実態の状況に応じた解体所の規模や、施設設置計画、販路や営業に関するアドバイスなどを提案します。

② 小型・低コストな解体施設設置
既存の大型の食肉処理施設ではなく、集落単位やグループ単位、または個人でも運営可能な施設を計画。食肉処理業(獣肉解体・業者への卸し)と食肉販売業(エンドユーザー・個人への販売)を兼ねた施設について、設計から建築、許認可申請および保健所の対応まで、低コストで提供します。

③ 研修提供をはじめとした人材育成・採用支援
レストランや商社、道の駅などで求められている、食肉処理・ 加工の方法を学ぶことができる、研修カリキュラムを提供します。また、今後新たに、ジビエ食材の加工から提供までの六次産業化を目指す方に対して、必要な資格や情報提供、採用や育成のサポートも行います。


  サービスの内容 (費用は個別相談)
 

① 講習・現地事前調査
・講習会 (設置に関する関係者への基礎要件等の説明)
・建設予定地の現状確認
・ヒアリング (建設予定地の要件合致視察・関係者向けヒアリング)
・設置に関する調査診断書の作成 (設置の可否、実施組織、必要な要件の整理など)

② コンサルティング
・保健所対応(食品衛生法・水質汚濁防止法への対応)
・許認可関係の書類作成(設置届・営業許可・工事届等)
・意見交換会(建設後に向けた体制等への関係者ヒアリング)

③ 研修・人材育成
・研修生受入れ(長短期間での解体・加工技術指導)
・販売に関する理解(獣肉受入れ・販売先や販売方法)

④ その他
・食肉流通支援(販売先や継続的な情報提供)
・獣肉に関する六次化支援

※ 簡易解体施設設置に関する研修は、こちらを御覧ください。





  「地域の総務屋」の養成/組織づくりのお手伝い



 

自立できる猟師を増やしていくだけでなく、猟師や野人を支えていくための、地域の総務系人材の養成を、行っていきます。行政や関係者とのつなぎ手となり、企画書を書いたり組織運営を担ったりする人がいることで、さまざまな事業が形になり、地域はより豊かになっていきます。

また、地域の課題解決をお手伝いするために、その地域の組織づくりのアドバイスやコンサルティングなども実施しています。「地域の総務屋」を派遣したり、その地域の総務人材の養成を行うこともあります。地域で暮らす人たちと一緒に、ペースに合わせた課題解決を行っていきます。

美山を拠点とする野生復帰計画で数年間働いた人が、自分の地元へとUターンし、新しい野生復帰計画をその地で開いていくことも視野に入れています。興味のある方はお問い合わせください。